PSO2のために転職した医師の狂乱ブログ 

PSO2やるために転職してしまいました。普通の医師やってたんじゃオンゲできないしw。悠々自適な転職医師のゲームブログ。子持ちの40代ですが、なにか? 家庭円満! ノーゲームノーライフ

PSO2 ヒーロー(Hr)用6スロOPユニットのレシピと実演画像病院

ヒーロー(Hr)用のユニットに求められるステータス

ヒーロー(Hr)は打撃、射撃、法撃を扱い、しかもこれらを組み合わせたコンボによってその真価を発揮する上級職であることを考慮すると、他の職のように専用特化したユニットのOP付けをしてしまうと、もはや中途半端な劣化版ハンターやガンナー、フォースになってしまう。また、Huをサブクラスに設定し、オートメイトハーフに依存しているプレイヤーも多いと思うが、ヒーロー(Hr)ではサブクラスが設定できない仕様になっていため、ユニットのOP付けでは攻撃力だけでなく、防御性にも配慮しなくてはならない。

もちろん数多くのステータスを装備しようとすると、他スロット構成になるが、4スロットを超えるユニットの作成はなかなか手が出ないプレーヤーも多い。ユニットの作成では、ステータスによって成功率が大幅に異なるため、理想のステータスが設計できても、現実的には合成確率が低かったり、継承できなかったり、そもそもどのステータスを組み合わせると

ここでは、打撃、法撃、射撃ステータスを稼ぎながらも、防御性にも配慮するために6スロット構成でのレシピを紹介し、すぐに実行できるよう、実際の合成過程の実演画像を掲載する。

尚、ここでは防御性に優れたレアリティー★12のイザネを使ったが、装備には技量440以上が要求されるので、レベルがそれなりに上がらないと使えないため、レベリング中は他のユニットで、下記方法によりヒーロー(Hr)用の6スロユニットを作ると良いだろう。

これをベースに特定条件を満たせば、ソード持ちでこんな状態を作り出せる。自身のステータスと比較してみて欲しい。

f:id:gagajpn:20170815033138j:plain

ヒーロー(Hr)用ユニットに求められることと本実演の最終ステータス

ヒーロー(Hr)のユニットでは、打撃・射撃・法撃をまんべんなく稼ぐ必要がある。

そこで、ここでは

  • 打撃力+105(3部位ユニット装備で+315)
  • 法撃力+105(3部位ユニット装備で+315)
  • 射撃力+105(3部位ユニット装備で+315)

とした。

防御性については、

  • HP+85(3部位ユニット装備で+255)

PA面では

  • PP+6(3部位ユニット装備で+18)

となっている。

 ヒーロー(Hr)用ユニット作成に用意すべきアイテム

何も無しに特殊能力を追加しに行くと、継承困難なステータスや、スロット追加での成功率が低くなるため、ショップエリア2階のエクスキューブ交換ショップで

能力追加成功率+30%(エクスキューブ10個と交換)

能力追加成功率+40%(エクスキューブ100個と交換)

を入手しておこう。

 

 ヒーロー(Hr)用ユニット(本体)の作成

ここでの目的は本体を、「ボディⅢ」「マインドⅢ」「リアクトⅢ」の6スロユニットとすることである。手順としては、まず本体ユニットを6スロットに拡張した後に、「ボディⅢ」「マインドⅢ」「リアクトⅢ」を一発でつける。

6スロ本体ユニットの作成

 まず、本体となるユニットを6スロにすることから始める。

スロットの追加では、

  1. 本体の特殊能力数以上の特殊能力数がある素材ユニットを使う
  2. 素材は、継承率の低いソールやファクターなどではなく、素で継承率100%の特殊能力を持つものを使う

に気を付けること。

2は、具体的にはボディーI、スタミナI、リアクトIなど、汎用能力のIを選べばOKだ。

では、実戦してみよう。

まず、今回本体として使用するイザネユニットはこのような3スロステータスになっている。

f:id:gagajpn:20170723234312j:plain

これにマインドレジストIとブロウレジストIを持っている3スロのユニットをビジホンで購入し、能力追加を行う。3スロットのままであれば、これらは100%の確率で継承されるが、エクストラスロットを使って4スロのユニットに上げるため、継承率は70%下がる。そこで「能力追加成功率+30%」を使ったものが下の画像だ。アイテムの使用により、100%の成功率となる。

なお、この画像を含め、すべての実演は報酬機関に行ったものなので、この点は注意して欲しい。

あただし、合成成功率だけをあげて、ユニットの作成は報酬期間にやるべきという人もいるが、報酬期間は多くのプレイヤーがOP付けを行うせいで素材の価格が高騰する。このため、あえて報酬期間を避けて、値下がりした素材を使った方が失敗コストを入れても経済的な場合が多い。

f:id:gagajpn:20170723234455j:plain

 成功率100%なので、当然、このように成功し、ユニットは4スロットとなる。

f:id:gagajpn:20170723235015j:plain

 

 さて、次は5スロ上げである。ここは素材に使うユニット数によって成功率に差が出るので注意が必要だ。1つしか使わないとこの図のように、成功率が60%となり完全成功のためには+40%を使用しなくてはならない。

f:id:gagajpn:20170723235120j:plain

しかし、素材を2つ用意すれば成功率は70%となるので、エクスキューブの節約を考えると、このレベルの素材は安いのでメセタで買える素材を用意した方がいいだろう。

 

次に5スロから6スロだ。

ここでは必ず、素材を2つ以上用意しないと40%でも間に合わないので、必ず2つ以上用意しよう。素材2つを使ってのユニット合成成功率はこの図のように65%となるので、+40%を使う。

f:id:gagajpn:20170723235602j:plain

これでめでたく、6スロのユニットが出来上がるわけだが、ぶっちゃけ失って困るような特殊能力は何も使っていない。失敗しても大した痛手にはならないので、無理して成功率を上げずに、何度もトライするという方法でも出来上がるので、気楽にやってみるといいだろう。

f:id:gagajpn:20170724001011j:plain

本体ユニットの完成

これは非常に単純だ。ビジホンで6スロのユニット3つを買えば良い。

具体的には、レアリティー無関係で6スロットのユニットで

  • ボディⅢ、ゴミ、ゴミ、ゴミ、ゴミ、ゴミ
  • マインドⅢ、ゴミ、ゴミ、ゴミ、ゴミ、ゴミ
  • リアクトⅢ、ゴミ、ゴミ、ゴミ、ゴミ、ゴミ

のユニットを購入する。ゴミのところは何でも構わない。例えばこんなユニットを購入すればOKだ。

f:id:gagajpn:20170724002533j:plain

f:id:gagajpn:20170724002600j:plain

f:id:gagajpn:20170724002550j:plain

上で作った本体ユニットに、この3つのユニットを素材し、「ボディⅢ」「マインドⅢ」「リアクトⅢ」あとは適当に成功率の高い能力を3つ設定した合成はこのようになる。

f:id:gagajpn:20170724001602j:plain

+30%を使うことによって、100%の成功率となる。実際に合成した結果がこれだ。ここで、「テクニックⅠ」「アームⅠ」「ブロウレジストⅠ」は成功率が高かったから選んだだけで、+30%によって100%にできるものであれば何を選択しても構わない。

f:id:gagajpn:20170724002655j:plain

ヒーロー(Hr)用6スロユニットの素材A、2本の作成

続いて、2種類の素材を2本ずつ作ることになるが、まず1種類目の素材Aの作成を説明する。ここでの目的は6スロで「アプレンティス・ソール」と「ドゥーム・ブレイク」を持つユニットの合成だ。

用意するのは1本の作成あたり、「アプレンティス・ソール」を持つユニット3つと、「ドゥームブレイク」を持つユニット3つ。ベースを「アプレンティス・ソール」を持つユニットとして、残り5つを合成する。

これらの素材は6スロットだと高いので、5スロット品を購入し、合成時にエクストラスロットを追加して6スロットに上げる手もあるが、この場合、下の図のように成功率は54%であり、+40%を使っても94%となるため、必ずしも成功するとは言えない。

f:id:gagajpn:20170724003356j:plain

とはいえ、やってみると、このようにできてしまうので、金欠なら5スロ⇒6スロのライトなギャンブルでもいいだろう。メセタに余裕がある人は、6スロ品を購入して合成すれば、+40%で100%になるので確実に出来上がるから懐具合と相談してみるといいだろう。

f:id:gagajpn:20170724003541j:plain

このようにして、「アプレンティス・ソール」と「ドゥームブレイク」を持ったユニットを下のように2本作製すれば、まず素材Aの準備は完成だ。

f:id:gagajpn:20170724003610j:plain

f:id:gagajpn:20170724003851j:plain 

ヒーロー(Hr)用6スロユニットの素材B、2本の作成

ここでの目的は「ミューテーションⅡ」と「ウィンクルム」を持つ6スロユニットを2つ作成することだ。これは、上で説明した要領で「ミューテーションⅡ」を持つユニット3つと「ウィンクルム」を持つユニット3つを購入し、「ウィンクルム」を持つユニットをベースとして、残り5つを合成する。

できれば、ここは5スロからの拡張ではなく、6スロユニットを購入して作成に望みたい。なぜなら、5スロのユニットで6スロへの拡張を行う場合、ウィンクルムの継承率は37%と非常に低く、+40%を使っても77%にしかならない。

当然、このように失敗することがある。

f:id:gagajpn:20170724004842j:plain

交換にエクスキューブ100個も必要な+40%の損失だけでなく、6本分の素材までお釈迦にしてしまう。まぁ、確率だけで言えば、このように成功する可能性の方が高いのだが。

f:id:gagajpn:20170724005139j:plain

 

合成に成功して出来上がったユニットがこれだ。

f:id:gagajpn:20170724005045j:plain

 

6スロユニットを使う場合は、+40%のアイテムによって、このように100%の確率で成功するので、賭けに走るか、メセタを犠牲にするかはお好み次第。

f:id:gagajpn:20170724004921j:plain

このようにして、「ミューテーション」と「ウィンクルム」を持つ6スロユニット2個が用意できれば素材BはOK。

いよいよヒーロー(Hr)用6スロユニットの最終合成

その前に、買っておくべき素材が、あと2つある。

一つ目は、「ウィンクルム」を持つ6スロユニット1つだ。

もう一つは「特殊能力追加(HP&PP/2)だ。ここで「特殊能力追加(HP;PP/2)は、エレガント・スタミナと呼ばれるHP+70とPP+4をアップする能力であり、3部位ユニットすべてに装備すれは、HPを210、PPを12上げることができる。ただし、ここは好みで

  • 特殊能力追加(打撃&PP/2)
  • 特殊能力追加(射撃&PP/2)
  • 特殊能力追加(法撃&PP/2)

  • 打撃力+40、PP+4
  • 射撃力+40、PP+4
  • 法撃力+40、PP+4

を選んでもいいだろう。

これらが手に入ったら、最終合成の準備OK。仕上げに向かおう。

 

ここで手元にあるべきものを整理すると、 

  1. (本体)「ボディⅢ」、「リアクトⅢ」、「マインドⅢ」、ゴミ、ゴミ、ゴミ
  2. (素材A)「アプレンティス・ソール」「ドゥームブレイク」、ゴミ、ゴミ、ゴミ
  3. (素材A)「アプレンティス・ソール」「ドゥームブレイク」、ゴミ、ゴミ、ゴミ
  4. (素材B)「ウィンクルム」「ミューテーションⅡ」、ゴミ、ゴミ、ゴミ
  5. (素材B)「ウィンクルム」「ミューテーションⅡ」、ゴミ、ゴミ、ゴミ
  6. (もう一本)「ウィンクルム」、ゴミ、ゴミ、ゴミ、ゴミ
  7. 「特殊能力追加(HP&PP/2)
  8. 能力追加成功率+40%

 の8つだ。

では、最終合成に入ろう。

本体をセットしたら、2~6の素材を選択する。そして「決定」を押すと、追加アイテムのウィンドウが開くので「特殊能力追加(HP&PP/2)」を選択する。続く画面で「能力追加成功率+40%」を選択すると下の状態になる。

f:id:gagajpn:20170724233341j:plain

  • エレガント・スタミナ
  • アプレンティス・ソール
  • アビリティⅢ
  • ドゥームブレイク
  • ウインクルム
  • ミューテーションⅡ

の6つが成功率100%で表示されていることを必ず確認する。

間違いないことを確認したら「はい」を押そう。

出来上がりがこれだ!

f:id:gagajpn:20170724234113j:plain

性能指数を見ると、こうなっている。

f:id:gagajpn:20170724234146j:plain

6スロになると、右にすべてを表示し切れなくなってしまうが、HP(+85)の下には、PP(+6)が隠れている。

これでめでたく完成だ。

  • 打撃力+105
  • 射撃力+105
  • 法撃力+105
  • 打撃防御+15
  • 射撃防御+15
  • 法撃防御+15
  • HP+85
  • PP+6

の完成だ。

このユニットを、リア、アーム、レッグの3部位揃えることで、ステータスは3倍となり。

  • 打撃力+315
  • 射撃力+315
  • 法撃力+315
  • 打撃防御+45
  • 射撃防御+45
  • 法撃防御+45
  • HP+255
  • PP+18

 打撃、射撃、法撃を均等に稼げるだけでなく、防御面やPPについても増強される。

まさにヒーロー(Hr)向けのユニットではないだろうか。

 

最後の注意

この作成は、いったん始めたら、緊急クエストが来ようが、クーナが歌おうが絶対に中断しないことだ。一度中断すると、どこまでやったかわからなくなるだけでなく、間違えて、せっかく合成したユニットを交換したり、店売りしたりする危険性があるためだ。実際、わたしは合成途中で緊急クエストに行き、リサイクルショップで合成したユニットをフォトンスフィアに交換してしまった経験が2度もある。売却ならまだ買い戻す手もあるが、交換は元に戻せないので、絶対に途中でリサイクルショップに寄ってはいけない。

時間的にはざっくり1~2時間は見ておこう。

 

あとヒーローを効率よくレベル上げすることは忘れないように。せっかく作ったユニットも、装備条件が満たせなければ倉庫のアンパンマンになるだけだ。

 

pso2-13.hatenablog.com