PSO2の★13レア武器コレクトファイルと緊急クエスト

PSO2で最強クラスのレア★13武器。これまでのようにドロップや石集めの奔走から様変わりし、緊急クエストさえこなせば楽に取れるようになったコレクトファイル・・・、と思いきや。コレクトで★13武器を取るための実況情報。合わせて緊急クエストのスケジュールも掲載。2016.06.22-

PSO2 ヒーロー(Hr)のスキル振り Lv.75 

ヒーロー(Hr)のスキル振りポイント

ヒーロー(Hr)についてはサブクラスの設定が無いため、スキル振りにおいてはメイン/サブのバランスを考える必要は無いが、武器が3種使えるところがポイントだ。

打撃/射撃/法撃から2種類を使うブレイバーのカタナ特化型/弓特化型/バランス型、バウンサーのデュアルブレード特化型/ジェットブーツ特化型/バランス型のように2種武器だけでも3通りのスキルツリーが構成される。

ヒーロー(Hr)の場合、ソード/ツインマシンガン/タリスの3種類なので、単独武器特化型が3種、2種混合で3種、3種バランス型で1種。つまり合計7種類のスキル振りが考えられる。ここは、ブレイバーやバウンサーのケースと同様、どの武器に重点を置くかによって異なるが、ヒーロー(Hr)の武器アクションは、従来と全く異なる動きをするので、戦闘シーンをよく見たうえで決めるべきだろう。

ヒーロー(Hr)の武器アクションはこちらの記事に5つの動画を掲載したので参考にしてほしい。

pso2-13.hatenablog.com

先入観は禁物だが、ヒーロータイムフィニッシュを見る限り、メインはソードになるかと思われる。

ヒーロー(Hr)のスキル振りで最優先の4項目

まず、確実に全振りしておかなくてはならないスキルは

  • ヒーローギア/ヒーロータイム
  • ヒーロータイムフィニッシュ
  • ファーストブラッド
  • ヒーローブースト 
  • ネクストジャンプ

だ。

ヒーローギア/ヒーロータイムはGuのショウタイムのようなものであり、ダメージが大幅にアップする。

一方、ヒーロータイムフィニッシュは使用中の武器によって発動が異なり、ソードの場合は強烈な瞬間火力を放出する斬撃でありボス向け、TMGとタリスは雑魚向けの範囲攻撃となっている。

この点から考えても、ヒーロー(Hr)のスキル振りはソード中心になるかと思われる。

ファーストブラッドは、初段の攻撃をジャストアタックにするものだ。素振りが必要なくなり、いきなりジャストアタックが繰り出せるので、やはり必須スキルだろう。

ヒーローブーストは時間経過とともに徐々に威力を増すスキルで、キグスシリーズの潜在能力「闘志の奮激」と似ている。

ネクストジャンプは2段ジャンプだ。ヒーロー(Hr)は基本的に空中戦技を持っていないので、2段ジャンプは必須スキルと言える。

これら5つはヒーロー(Hr)がその力を発揮する根本的な部分なので、スキル振りでは迷わず全振りしたい。

次に確保すべきヒーロー(Hr)のスキル振り

  • ヒーローカウンター
  • ヒーローマグ

ヒーローカウンターはステップに続いて繰り出す攻撃で威力上昇を得るスキルだ。ヒーロー(Hr)はステップしかガードを持たないため、必然的にステップと攻撃を繰り返すこととなる。要はカウンターパンチのような作用であり、ここでダメージが乗るのと乗らないのとでは天と地ほどの差が出るので注意したい。

これまでマグは職に特化した攻撃力支援マグが主流だったが、ヒーローではマグの打撃力支援、射撃力支援、法撃力支援を合算し、その合算値をキャラクターの打撃力、射撃力、法撃力に加算する。例えば、マグの打撃力支援が60、射撃力支援が70、法撃力支援が50だった場合、その合算値は180になるので、打撃力、射撃力、法撃力すべてに180が加算される。大幅にステータスがアップするので、ヒーローマグは是非ともスキルを振っておきたい。ただし、技量と防御系へのフィードバックは無いので注意。

 

その他のスキル振り

主要のスキルを振っていく過程で、必然的に取らざるを得ないスキルだが

  • ヒーローウェポンボーナス1
  • ヒーローウェポンボーナス2
  • ゼロレンジギアアップ
  • ロングレンジギアアップ
  • コンボギアアップ
  • ヒーローギアタイムゲイン
  • HTカウンターPPゲイン
  • Hアタックボーナス
  • オーラハイチャージ
  • コンボオーラショートチャージ
  • TMGアタックPPセイブ
  • Hタリスチャージキープ
  • カムアゲイン
  • ブランニュースター
  • ヒーローワンモアジャンプ

これらは残りのスキルポイントを見ながら振っていくといいだろう。

ヒーロースキル振り