PSO2のために転職した医師の狂乱ブログ 

PSO2やるために転職してしまいました。普通の医師やってたんじゃオンゲできないしw。悠々自適な転職医師のゲームブログ。子持ちの40代ですが、なにか? 家庭円満! ノーゲームノーライフ

PSO2にヒーロー(Hr)が初の上級クラスとして登場! 概要とその特徴

PSO2のヒーロー(Hr)ってナニさ?

ヒーロー(Hr)はこれまで新設されてきたブレイバーやバウンサー、サモナーと違い、「初の上級クラス」とPSO2公式が謳っている。

「上級ってナニ?」

と言いたいところだが、確かにこれまでのクラスとはかなり異質な仕様となっている。

ここでは主だったヒーロー(He)の特徴について記載する。

ヒーロー(Hr)はムチャ強そう

まずはこの動画を見て欲しい。前半3分は無関係なので飛ばして構わない。

youtu.be

戦闘で目立つのは

  • ソードの動きが早い
  • ソード、ツインマシンガン、タリスを織り交ぜて使っている

この2つだろう。

それでは、他のヒーロー(He)の特徴を見ていこう

ヒーロー(Hr)の解放

これは予想されていたことだが、「打撃職、射撃職、法撃職でLv75をクリアしていること」が解放条件になっている。  

つまり、

  • Hu、Fi、Boのいずれか1つ
  • Ra、Gu、Brのいずれか1つ  
  • Fo、Te、Suのいずれか1つ

の3職でレベル75以上でなくてはならない。

ヒーロー(Hr)のマグ

従来マグは、クラス特化型を作るのが主だったが、ヒーロー(Hr)は、打撃支援、射撃支援、法撃支援の合算値を打撃力、射撃力、法撃力に割り当てる仕様となっている。

具体的にはマグの打撃支援力が60、射撃支援力が70、法撃支援力が50だった場合、その合算値180がそのまま打撃力、射撃力、法撃力に加算される。つまり、特化型マグであっても、バランス型マグであっても無関係というわけだ。ただし、技量や防御は加算されないので、技量特化マグは不利になる。

ヒーロー(Hr)のステータス

ヒーロー(Hr)は初期状態でも他クラスより40%高いステータスが設定されている。ここら辺はヒーロー(Hr)が上級クラスとされる由縁のひとつだろう。ざっくりLv1でも他職のLv20くらいに相当する数値になるはずだ。ただし、N、H、VH、SH、XHの受注可能難度はあくまでレベルで決まるので、ステータスが高いからと言って、上級難度のクエストを受注できるわけではない。

ヒーロー(Hr)と従来クラスとの戦闘能力比

ヒーロー(Hr)が強力な上級クラスで、ソード、ツインマシンガン、タリスを扱うとなると、ハンターやガンナー、フォースやテクターがその存在価値を失いそうに思える。

PSO2公式の発表では、ヒーロー(Hr)は平均的な火力は高いものの、瞬間的な火力は従来の専門クラスの方が高いらしい。つまり、瞬間火力では、Hu、Gu、Fo、Teに及ばないということになる。ここら辺は、かつてのSロールガンナーやシュンカブレイバーみたいに、全プレイヤーがヒーロー(Hr)一極に隔たってしまうことを恐れての調整と思われる。この点だけを見ると、強力なレイドボスには向かないように思える。

ただし、これもかつてのブレイバーのように、新設クラスが不人気だとぶっ壊れPAを投入してくるのがPSO2運営なので、遅かれ早かれ突出した戦闘形態が投入されることだろう。

ヒーロー(Hr)のジャストガード

ヒーロー(Hr)のガードはステップのみとなっている。仮にTMGを装備しても、Sロールも無ければ、ロールでのガードも発動しない。ここら辺はハンター専科のプレイヤーなら問題ないものの、ガンナー出身者にはつらいところだろう。ガンナー専科のプレイヤーにはもう一つ悲報がある。それはヒーロー(Hr)のTMGにはチェインのスキルが無いということだ。つくづく、ボス戦には向きそうもない。

 

まとめ

ヒーロー(Hr)はその設定からして、かなり変わったクラスであり、高いステータスとなってはいるが、ここぞという時の火力は専門職に及ばないようなので、デウスグラーシアやファレグのような高難度ボス戦では使えないのかもしれない。

 

ヒーローの詳細と効率的なレベル上げについては、こちらを参照。

pso2-13.hatenablog.com