PSO2のために転職した医師の狂乱ブログ 

PSO2やるために転職してしまいました。普通の医師やってたんじゃオンゲできないしw。悠々自適な転職医師のゲームブログ。子持ちの40代ですが、なにか? 家庭円満! ノーゲームノーライフ

医師の転職と求人のサイトが抱える課題(オンコール、宿直、救急、年収)

現代の医師にとって、欠かせない医師の求人と転職のサイト

医師に限った話ではないが、人材の流動化が進み、人はより良い職場環境へと躊躇なく転職する時代となっている。こうした中で、いわゆる「ブラック職場」は淘汰されていくわけだが、医師に関しては事情が異なる。いかに年収が低く、オンコールや宿直が激しくても、大学と言う縦社会の中で生き抜かねば、専門医としてのスキルを習得できないからだ。しかしながら、QOLの観点から、休暇の取りやすさや宿直の無い病院へと多くの医師が流れ始めている。いうまでもなく、こういった事態に大きな役割を担っているのが医師の求人と転職サイトであり、ハローワークなどで公開されている求人だけでなく、非公開求人と言われる好条件を提示している医療施設からのオファーを受けられる仕組みにネットを介して簡単にアクセスできるインフラが整った影響が大きい。

ここでは医師の求人と転職に関わるサイトを紹介する。

研究所系

 医療転職コンサルタントを中心にして、元大手マスメディアの医療担当記者などを迎え、日本に多数ある医師紹介会社の個別批評(辛口ですが事実に基づくエビデンスベースの批評を行っています)、異業種からの参入が相次ぐ医師転職業界研究を行うために2012年に発足した業界グループです。各医師紹介会社により曖昧な「未公開案件」の実態調査に始まり、個別企業が保有している求人募集数の確認や個別医師紹介会社への取材などを実施中。転職を考えている医師のために適切なアドバイスなども行っています。

今日の日本では、ほとんどの産業が成熟してきたことや不況等外部環境を要因として、どうしても「転職」とは1度は誰もが考えることとなったといえるでしょう。一般に「転職」という言葉を聞いて、どんなイメージを持つでしょうか。長引く不況などの影響から、一般転職市場は陰っていると言われています。そのため、「転職したいけど今は無理」と諦めている人も多いことでしょう。しかしその中で、医療業界は少し事情が違っています。医師不足はずっと叫ばれる社会的問題であり、転職先を探すことはそこまで難しくはないかもしれません。しかしだからといって、十分な準備とリサーチをせずに転職を考えてしまうと「落とし穴」に陥る危険性があります。

検索エンジンで「医師 求人」「医師 転職」のキーワードをたたけば、多数の医師転職求人サイトを見つけることができますが、それぞれの企業の本当の実力や宣伝内容通りに良質な求人が見つけられるかどうかは全くの未知数であり、初めての転職に臨み求人情報を集めている医師にとっては、医師紹介会社や転職サイトの良し悪しを判別することが大変な難題となっています。

例えば大手の医師転職サイトである「m3.com CAREER」の売りは「日本最大級の医師転職情報」、「e-doctor」は「24年以上の業歴を誇る老舗」、「リクルートドクターズキャリア」は「大手就職支援会社のブランド力」、「日経メディカルキャリア」は「多数の転職サイトの求人を併行で閲覧可能、「CBネット」は「顧客満足度と医療ニュース」、「医師転職ドットコム」は「3万件以上の求人情報」、「JMC」は「好条件・高額求人」、「民間医局」は「10万人以上の会員組織」、「ドクターキャスト」は「非公開求人38000件以上」、「グッピー」なら「履歴書作成支援」…など、それぞれの宣伝文句も様々な上に医師が個別検証することが難しく、いったいどの医師紹介会社を選べばよいのか、医師個人では判断そのものが難しいのが実情です。

更に、医師業界独特の悩みもあります。医療現場は、人と人が文字通り命をかけて交錯する場。単純に他の職業のように、キャリアや就業条件だけが仕事のモチベーションとは成り得ない一面があります。つまり、医者とは、一人の社会人としての人生の他に、医師としての「使命感」「倫理観」「義務感」「価値観」という、求人条件に数字として表れる事のない側面を無視することができない職業だからです。

こういった求人条件に数字で表す事ができない側面を無視し、ただ単純に給与面や就業地域面などを条件に転職活動をしてしまい、多くの医師が転職失敗という落とし穴にズッポリと入り込み苦悶していきます。

医師不足の状況は地域格差も大きく、例えば都市部と地方では医師ニーズが異なります。 また医師として働けるフィールドが多様化していることも、忘れてはなりません。医療機関を見ても大規模病院からクリニック、診療所など様々であることは周知の通りですが、産業医やメディカルドクターなど、一般企業内での活躍の場もどんどんと広がっています。

これは医師としてキャリアを考え、より条件のよい職場に移るということにいおいては、大きなチャンスといえるでしょう。 しかしその反面で、求人元からは医療機関とは異なるスキルが多分に求められることもあります。特定の診療科経験や1対多でのコミュニケーションスキル、あるいは英語力など様々。求人数についても、そういった条件のよい職場は、非公開で求人を行うことも多く、一般的な公開求人情報などに出てくる医療機関と比較すれば、大変に少なくなっています。

医療機関であれば医師免許所有が何より優先され、採用選考において面接などは二次的なものに過ぎないケースが殆どです。しかし、例えば一般企業内における医師就業については、そうはいきません。医師免許や実務経験はほぼ必須ですが、先に挙げたようなスキルをはかるべく面接が重視され、場合によってはペーパーテスト(筆記試験)も課せられます。

いくら医療現場において突出した経歴を持っていても、面接での受け答えが満足にできなければ不採用、他に条件がマッチする医師が見つかったために今回の応募者は全員不採用・・・ということが、現実に起こりうるのです。それもそのはず、転職をする医師側の事情だけでなく、求人をする医療機関、医療企業側の方にも独自の都合と論理や事情があり、それらの需給関係とタイミングで市場は流動化するからです。 転職を志す医師の中には、こうした情報を知らずに動いた末、失敗してしまうということが多く起きています。

ご紹介が遅れました。私は医師転職コンサルタントとして、これまで700名以上の医師の転職をエスコートしてきた、医師紹介会社研究所。

これまでご紹介したような背景によって、事前情報を知らなかったがためにいわゆる「成功転職」を遂げられなかった医師は山ほどいらっしゃいます。

過去に私が担当してきた先生の中にも、やはり苦い経験の末に、当研究所にご相談されてきた方が多くおりました。特に、当サイトで紹介している評価の低い医師紹介会社(C評価)等に仕事を依頼した末で大きな失敗をした例などは代表的な転職支援会社の選択ミスです。

しかし転職は、事前情報をもってそれに基づく準備さえすれば、決して怖いものではありません。むしろ医師という特別な資格をお持ちの方々にとっては、転職とはその資格をキャリアで大きく活かすためのチャンスだと考えています。

皆さまが「成功転職」を遂げられるよう、知っておいて頂きたい転職の基本ノウハウをコンテンツとしてまとめております。また、近年の医師転職活動において必須となってきている、民間の転職支援企業や医師専門の転職支援コンサルタントの使用方法、独断と偏見での比較ランキングについても詳細を記述しておきました。

是非ご覧の上、輝かしいキャリアに向けた一歩を歩んで頂ければと思います。

当サイトをお読みの先生からのご質問に対する最適な回答記載の記事を一部ピックアップしてご紹介いたします。当サイトでは700以上の医師転職サイト、医師紹介会社に関する記事を執筆。プロの視点から転職を希望されている医師向けに公開しております。

転職をお考えの先生方におかれましては、是非、大事な人生のキャリア選択に関わる重要なヒントを、当サイトより持ち帰っていただきたいと考えております。

 

紹介系

医師の転職・求人は転職エージェントに!
「症例数を増やしたい、専門分野の知識や技術を身につけたい。」「医局や職場の人間関係から解放されたい。」「子ども・家族・自分のためにプライベートの時間を確保したい。」「地方に派遣されそう。」「開業に向けて高収入な現場に移りたい。」
このような悩み等から転職や非常勤・アルバイト(スポット)の求人を探す医師・ドクターが非常に増えていますが、転職を考える医師・ドクターにぜひ利用してほしいのが、無料で利用できる医師専門の転職サイト(転職エージェントサービス)です。

すでに年間2万人以上の医師が転職サイトを利用しています。当サイトでは、医師の転職をサポートしてきた現役・元転職エージェントが厳選する、おススメ医師転職サイト5つをランキング形式で紹介しています。もちろん、今すぐではなくても、相談だけしたいという医師も利用可能です。

年間1万人以上の医師が利用!登録必須の転職サイト
エムスリーキャリアエージェント
【求人数】
常勤:14,369件  非常勤:5,297件
【拠点】
東京
【おススメ地域】
全国
【評価】
医師,転職,求人,ランキング,比較,

25万人以上の医師が利用するポータルサイト「m3.com」を運営するエムスリーグループの医師専門転職サイト(人材紹介)。5年連続で転職を考える医師の登録が1番多いサイトです。エムスリーキャリアエージェントは、グループ全体であらゆる医療系サービスを展開しているため、独自の情報収集力、条件交渉に定評があります。拠点が東京のみとなっていますが、関東だけでなく全国各に地区ごとの担当者がいるため、どの地区に在住していても安心して登録できる登録必須の1社です。

提案力と交渉力でおススメ!登録しておきたい転職サイト
リクルートドクターズキャリア
【求人数】
常勤  :12,566件 非常勤: 6,230件
【拠点】
東京・名古屋・大阪・福岡
【おススメ地域】
全国
【評価】
医師,転職,求人,ランキング,比較,

リクルートグループだからこその圧倒的な認知度の高さ、そして求人開拓力と提案力。エムスリーキャリアと合わせて、ぜひ申し込んでいただきたい1社です。リクルートグループは社内での研修体制なども充実しており、一人ひとりのエージェントの力量の高さ、組織力の強さには定評があります。だからこそ、あらゆる働き方だったり希望の条件に合う求人を見つけてもらえるでしょう。さらに、一般企業とのつながりの強さから、大規模病院だけでなくクリニックや産業医案件まで幅広い求人を開拓できる営業力の高さが、常に1万件という常勤求人に繋がっています。あらゆる規模の病院や施設、そして企業とのパイプを持ち、一人ひとりのエージェントが高い提案力を持つリクルートグループだからこそ、一人ひとりの医師の希望条件や気づかなかった可能性やライフスタイルに合わせた働き方の提案が期待できるでしょう。また承継開業案件も業界最大級保有しています。

マイナビDOCTOR
【求人数】
常勤  :11,443件 非常勤: 9,504件  スポット:319件  (2017年11月現在)
【拠点】
北海道・埼玉・千葉・千葉船橋・東京・神奈川・名古屋・京都・大阪・兵庫・広島・岡山・福岡
【おススメ地域】
東京・神奈川・埼玉・千葉
【評価】
医師,転職,求人,ランキング,比較,

リクルートドクターズキャリア同様にお勧めしたい1社です。特に東京・神奈川・埼玉・千葉にお住いの医師おススメ。リクルートメディカルキャリア同様、あらゆる業界の転職をサポートするマイナビグループだからこそ、専門医を取得したい、キャリアアップや年収アップを目指す医師のための病院勤務の案件はもちろんのこと、大手企業の本社が多い東京、神奈川、埼玉、千葉での産業医案件など、比較的定時での勤務が可能な求人も豊富なのが特徴です。そのためスキルアップやキャリアアップ、年収アップを目指す医師、家族との時間を増やしたい、子どものためにプライベートの時間を確保したいと考える医師、少しゆっくり働きたいと考える医師など、あらゆる要望に応えられるため、一人でも多くの医師に登録しておいてほしい1社です。


求人数の多さときめ細かな転職サポートがおススメ!
医師転職ドットコム
【求人数】
常勤  :17,979件 非常勤:11,678件
【拠点】
札幌・東京・名古屋・大阪・広島・福岡
【おススメ地域】
全国
【評価】
医師,転職,求人,ランキング,比較,

全国に拠点展開しているからこそ、圧倒的に多い求人があり、非公開求人も合わせると約40,000件にのぼります。だからこそ、「仕事のやりがいを追及するのか」「勤務時間と給与のバランスを重視するのか」といった医師のQOL追及が可能で、一人一人に合わせた求人紹介に定評がある企業です。また場合によっては希望の条件に合わせて求人を作ってしまうなど、医師に寄り添った転職支援を行っています。転職しない提案を行ったりすることもあり、そういった親身なサポートが評判となっている転職エージェントです。求人数の多さは医師や医療機関からの信頼が厚い表れでしょう。


DOCTOR VISION(ドクタービジョン)
【求人数】
常勤:5,083件  非常勤:2,912件
【拠点】
東京・札幌・東北(仙台)・北千住・立川・新宿・船橋・大宮・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・九州(福岡)
【おススメ地域】
全国
【評価】
日本調剤グループで、薬剤師の人材会社ではトップクラスの実績を持つメディカルリソースが運営する医師専門の転職サイト「DOCTOR VISION(ドクタービジョン)」。調剤薬局など薬剤師求人に強いということは、地域のクリニックから大病院まで幅広く、網羅出来ている証です。そのためあらゆる働き方や診療科目、病床数など様々な希望に応じた転職が可能です。またキャリアカウンセリングの実施や希望の条件を伺うことで、ミスマッチのない転職のサポートを重要視しており、希望があれば面接にも必ず同行することで転職のサポートを行ってくれます。そのため、医師はもちろんのこと各医療機関からの信頼も得ています。しっかりと相談しながら転職を考えたい、しっかりサポートを受けたいと考える医師はぜひ登録しておきましょう。

 

年2万人の医師が転職サイトを利用
日本医師会総合政策研究機構『日本医師会 病院における必要医師数調査』
日本医師会が2015年に調査した「病院が医師の採用で利用する方法」についてまとめたものです。最も多いのが「大学(医局等)への依頼」となっていますが、次が「民間職業紹介事業者(紹介会社)」、つまり「医師専門の転職サイト(転職エージェントサービス)」です。これは採用に至っていなくても医師専門の転職サイト(転職エージェントサービス)を利用して医師の紹介を受けている病院・医療機関も相当あることの表れです。そのため、実際にはかなりの病院や医療機関が医師専門の転職サイト(転職エージェントサービス)を採用手段として利用していると思われます。また厚生労働省の有料職業紹介(転職エージェントサービス)のデータからも、転職エージェントを使う医師が増えていることが分かります。厚生労働省の報告資料によれば、「医師専門の転職サイト(転職エージェントサービス)」で転職した医師は、2015年度で常用就職件数(常勤・4か月以上の有期雇用)で20,157件、また日勤などのスポット件数では、延べで30万人以上の件数となっています。

全国に約31万人いる医師のうち、常用勤務(常勤・非常勤)で年間2万人の医師が転職エージェントを利用。では、なぜ2万人以上の医師が「医師専門の転職サイト(転職エージェントサービス)」を利用しているかというと、大きく以下のメリットがあるからです。

無料で使える
転職のプロがサポート
非公開求人が多い
求人探しや条件の交渉を任せられる
求人票に無い職場の雰囲気・採用背景が知れる


医師の世界は他の業界に移ることがありません。だからこそ、他の転職を考える医師よりも早く情報を集め、効率的に転職活動を進めていくことが求められます。医師専門の転職エージェントや転職支援会社も最近は増えてきています。

最近の医師の転職傾向

医師の場合、生命に関わる仕事であるため、社会的責任や役割は他の職種に比べても高く、また高度な専門性も求められます。またキャリアマッチング制度などで、若い医師が自由に進路を選べるようになってきたと言っても、依然、医局の影響力は残っています。転職を検討する場合は医局の影響なども考慮し、しっかりと情報収集を行いながら時間をかけて今後の医師としてのキャリアを考えていくことも重要です。また最近の傾向として、開業を考えだす医師の年齢が若くなってきており、30代から開業を考える医師も増えてきています。既に開業すれば一定の利益が得られた時代は終わり、立地だったり専門性だったりといった何かしらの強みがないと生き残れない時代に突入しています。さらに、都市圏への医師の集中、地域偏在などの問題もあり、大学では医師の育成枠を地方を中心に増やしたままにしているため、少子化とあわせて、今後、医師余りの時代が来るとも言われています。こういったことから、これまでのように「キャリアを積んでから開業する」という考えから、地域のマーケットの動向を見て、チャンスがあれば早いうちに開業したいと考える医師が出てくるのも当然のことでしょう。

開業し成功するためには何かしらの強みも必要ですが、「他に患者を囲い込まれるくらいなら自分が先に・・・」と準備を早い段階から進める医師が増えているようです。こういった傾向から、早くから専門性やキャリアを積むもうと転職を考える医師が増えています。しかし、先々で開業を目指しての転職であれば、将来、規模が大きくなって医局から医師を派遣してもらうなんてことも出てくるかもしれません。そういった点で転職の際は医局からの紹介を利用して転職をする医師も多くいますが、一方では医局との関わりが続くため、医局との関係が続くのを嫌がる医師も多くいます。しかし、診療以外に当直や論文を読んだりと非常に忙しい医師の場合、一人で考え行動するにも限界があります。実際に転職した医師の多くが、転職活動を始めたころは情報を集めること自体が大変だったという話もよく耳にします。さらに県外への転職を検討している場合は、転職先の医局の影響力によっては情報がなかなか入りにくかったりもするようです。これから高齢化社会を迎え、医療を取り巻く環境は大きく変化しており、勤務先やキャリア形成についても時代の流れに合わせて対応していくことが求められます。だからこそ転職を考えるのであれば、転職先の情報や雰囲気を知っていたり、非公開求人を含めた多くの求人を持つ、転職エージェントをパートナーにするだけでも、かなり有利になるのです。


効果的な転職エージェントの使い方

転職エージェントを有効的に使う為に

2つの転職サイトに登録する
Aの転職サイト(エージェント)にある求人が、Bの転職サイト(エージェント)にはない、なんてこともあります。

また、転職サイト(エージェント)によって給与条件が異なるなんてこともあります。担当者の力量の違いや相性というのも正直あります。転職は自分自身の今後のキャリアや生活、人生が掛かった重要な局面です。最低でも2つのエージェントには登録するようにしましょう。希望条件に合う求人を持つ転職エージェントに登録していないばかりに、他の医師に獲られて・・・なんてことにならないように。今すぐ」でなく「とりあえず」でも登録を。「今すぐ転職するわけではないから・・」と登録を躊躇してしまいがちですが、転職エージェントはその辺の事情も理解したうえでサポートしてくれます。もし登録をためらっている間に希望に合致する、もしくはそれ以上の求人が出てきたら・・・もったいないですよね?転職を考えているのであれば、今すぐでなくても、とりあえず登録して、希望に合致する求人が出てくるまで待つというのも効果的な転職を実現させる方法の一つです。医師の転職活動は、他の業界と比べやや長期的になりがちです。余裕をもって動き始めるくらいがちょうど良かったりします。まずは話を聞いてみましょう転職エージェントは申し込んだ後に、まずは空いてる時間に会ったり、または電話などで面談を行います。医師の転職は会社員と違って中長期で考えていくものですが、とは言え良い求人が出てくれば、応募が殺到し採用が決まってしまいます。今すぐでなくても、とりあえずどういった求人があるか、また転職を考えるにあたってどういった準備が必要か知っておくだけでも、いざ転職活動を始める段階で差が出てきます。申し込んだら出来るだけ早く、まずは話を聞くようにしましょう。


常勤から非常勤・スポットやアルバイト求人まで

医療の現場は一般企業とは異なり、非常勤での勤務も普通に見られます。そのためスポット勤務の非常勤求人だったり、またはアルバイト求人も非常に多くあります。

隣接県や勤務する医局の影響が及ばない地域のアルバイト・スポット求人を利用し、その地域の情報を肌で感じるも良いでしょうし、また転職が決まった後に次の勤務が始まるまでの間、こういったスポットやアルバイトの求人を利用することもできます。とにかく常勤・非常勤問わず求人を豊富に持つのが転職支援会社です。ぜひ効果的に使いましょう。

医師が転職エージェントを使うメリット

無料で使える。「転職をサポートをしてもらうのっていくら位するのだろう?」と考えてしまいがちですが、実は基本無料です。これは、転職サイトは求人の掲載料、転職エージェントや紹介会社は転職先が決まった後に、転職先から「採用が出来た」ことに対する報酬を受け取ることでビジネスが成り立っているからです。また職業安定法により、求人・求職の申し込みは「全件受理」することを義務付けられています。

転職のプロがサポート
医師向けに活動している転職エージェントや転職コンサルタントは、サラリーマンなどの転職と違い、先々で開業する医師も多いことから、転職して終わりではなく先々まで視野に入れサポートしてくれます。そのため、信頼関係の構築に力を入れているのはもちろんのこと、転職する際は「なぜ転職するのか?」「転職後に求める条件は?」「勤務地は?」「年収は?」などあらゆる希望を伺い、少しでも希望が叶えられるようサポートしてくれます。また「転職活動していることがバレるかも・・」なんて不安もあるかもしれませんが、情報漏えいなんてあれば信頼関係は構築できません。だからこそ安心できる転職支援会社やコンサルタントを選ばなければいけません。

非公開求人が多い
役職者での採用だったり、急な人員補充、条件面などの情報を漏らしたくない、競合に知られたくないといった様々な理由で非公開となっている求人が非常に多くあります。実は転職エージェントしか扱っていない求人も多く、これは1人で転職活動を進めても絶対に知ることが出来ません。

そういった求人に応募することが出来るのもメリット。中には扱っている求人の半数以上が非公開というところもあります。

求人探しや勤務条件の交渉もお任せ!
安心して仕事に集中!

個人で動く場合、生活圏から外れた地域などでの情報はあまり入ってきませんが、転職エージェントやコンサルタントは全国各地の求人を持っています。特に各地域ごとに拠点を持っている会社は求人票に載っていない情報も多数持っています。エリアを広げて転職を考えると求人探しだけで一苦労ですが、こういった求人探しや面接などの日程調整、また年収などの条件交渉などは全てパートナーとなる彼らが代わりに行ってくれます。安心して今の仕事に取り組みながら、転職活動を進めることができるのです。求人票に載っていない情報や転職のノウハウも!転職活動は1人ひとり始める時期も理由も異なります。どのように転職活動を進めていけばいいのか、履歴書などの書類作成の方法、面接で伝えるべきポイントなど、分からないことも転職エージェントやコンサルタントなどの転職のプロに聞いちゃいましょう。彼らはさまざまなノウハウを持っています。また年収や勤務地、勤務時間といった求人票を見ればわかる情報だけでなく、転職先となる病院の雰囲気や環境なども聞くことができます。たくさんの現場を直接見ているエージェントやコンサルタントだからこそ、現状が他の病院や他で働く医師と比べてどうなのかなど、あらゆる情報を聞き、自分の希望する条件と一緒に整理していくことも可能なのです。